<< 団塊世代と昭和の景気のイロイロ | main | 景気のサイクルと不動産投資 >>

スポンサーサイト

  • 2007.11.09 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


様々な景気とショックの連続

前回はバブル景気でしたが、思えばこの世代は子供の頃からいろんな景気や、ショックの連続でした。神武景気が31ヶ月まだ子供で実感がないですが、次の岩戸景気は白黒テレビのイメージで覚えていますね。昭和33年から昭和36年の末までの所謂、高度成長時代です。中学卒業で就職希望者が「金の卵」と、持てはやされた頃ですかね。次がいざなぎ景気ですが、この頃ですか日本人一億、総不動産屋なんて言われ出したのは。で、私がこの業界に入って最初に販売したのが栃木県那須の別荘分譲地でした。最初から投資用不動産でしたね、皆さんご存知のあのライオンズ・マンションの大京が、大京観光といって別荘地分譲ではNo.1でした。私の会社は東昭観光で2〜3位位でしたか、中央区の茅場町に本社が在りました。当時は飛び込み営業が全盛期ですから、当然朝から夜中までドアーをトントンでした、夜10時に定時連絡を会社に入れますと、デスクが(開発系の不動産では担部長を指します)「オウ!○○、ご苦労さん。成果は!」ハイ!今度の土曜日××様案内獲得ですッ「オウ!ご苦労さん。で○○これからの予定は」ハイ!△△様訪問ですッ。なんて時代でした、営業会議で灰皿が飛び交う時代でした.でも楽しかったナァ、必ず俺もデスクに成るゾーーーと頑張りましたね。この経験は後の営業マンとしての大きな財産に成りました・・・って、それが不動産投資や投資ファンド更にはREITにどう関係するの?・・・スイマセン全く関係ありません。

スポンサーサイト

  • 2007.11.09 Friday
  • -
  • 20:55
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM